<< ワシントンDCへ行って来ました... 新緑のCentral Park >>

Larchmontというフランス人が多い街で

東京も
大久保に韓国の方が多かったり
インドの方が多い街があったり
学校があったりお役所があったりすると
同じ国の人が集まる街がありますね。

NYも駅ごとに別れているんじゃないかと思うほど。
ラーチモントという街にはフランス人学校がある事もあり
フランス人が多く住んでいます。
駅前の繁華街には小さいけれど洗練されたお店が並んでいます。
小さなお子さん用のヘアサロンや工作教室。
色合いも可愛らしい。

あー、何だか変わった色合いのヘアサロンだなあ
と、外から覗いていると
中にいるおばさんがブンブン縦に手を振っている。
中にはいって見て見なさい、と招き入れている。
「ええええええ〜?!」と思ったり、言ったりしながら
素敵な店内と、大らかなオーラのおばさんの笑顔につられて
誘われるままに。
「昨日丁度、日本人のはさみ屋さんが来て
レザーを買った所なのよ!日本人が続いているわ!」と
何だか嬉しそう。
日本人、好きなんだそうで。
レバノンから来て、このお店を開いてもうすぐ一年になるそう。
ベトナムやトルコ、色々なエスニックなアンティーク家具や絵が
雑然と、でもセンスよく飾られていて。
トルコブルーとマルーンレッドの組み合わせの壁も
それにウディーなものと真鍮をあわせるのも
日本人ではあまり考えつかない発想だなあ、と思いつつ。
何だかグリーンティーとクッキー迄いただいて。
レバノンでの大変だった事をちらっと話してくれました。

一緒にいた友人はシンガポールに住んでいた事があるので
何だか懐かしい感覚だったそう。
雨の日のお散歩での出来事でした。
d0041050_22305335.jpg
d0041050_2231582.jpg

[PR]
by hana20031997 | 2008-05-02 22:31 | お出かけ
<< ワシントンDCへ行って来ました... 新緑のCentral Park >>