カテゴリ:震災( 3 )

They should be able to do respectively in each of their places.

In the weather forecast seen with satellite broadcasting
It was spoken that yesterday's Tokyo was fresh warm in daytime, and the full moon at night shone brilliantly.

In NY It was also nice and beautiful day,today.
The full moon might look similar with Tokyo's moon"mannmaru"In NY tonigth.

Then, my daughter said, "It apologized, finer" while eating her lunch with me.

It will not be only a my daughter that feels "Apologize" in NY it without what either, there is not what after the earthquake, and either the living somehow.

The person not suitable for the disaster is reliance to the person suitable for the disaster.


The person who was not struck
It basks in a lot of sunlight, the one who could eat a lot, should eat,
necessary to learn ravenously, and to work as much as possible.

The person, who is energetic must be more energetic, so that our important country should not sink.

A daughter who mutters apologizing there.
Enough big bill of this earthquake comes after about ten years, just you will start your job


f you feel sorry it not is in the whirlpool
Please become talent who can defend your country wherever you are all over the world.

Any way is acceptable.

"You are alive", It's my happiness.

Sometime,Please call me and say"I'm OK".
[PR]
by hana20031997 | 2011-03-19 10:10 | 震災

それぞれの場所で、それぞれの出来ること。

d0041050_4343649.jpg

衛星放送で見る天気予報で
昨日の東京は昼は爽やかに暖かく、夜の満月はこうこうと光っていた、と話していました。

真似したかのように
今日のNYは非常にポカポカのお日様に、そよそよの心地よい風。
このぶんだと、今夜の満月も同じようにまん丸と見えるのでしょう。

お昼を食べながら、娘がふと「申し訳ないくらい、いい天気だね」と言いました。

地震のあと、何事も無いNYで、何事もなく暮らしていることに
何となく「申し訳なさ」を感じているのは
娘だけではないでしょう。

被災した人には、被災しなかった人が頼りなのです。

被災しなかった人は、
浴びられるお日様はサンサンと浴びて
食べられるものはモリモリ食べて
どん欲に学んで、出来るだけ働かなければなりません。

大事な自分の国が沈まないように元気な人は元気でいないといけない。

そこで、申し訳ない、とつぶやく娘さん。
この震災の大きなツケはきっと君が働き始めるだろう10年後くらいにたっぷり来るよ。

復興には莫大な労力と莫大な国費がかかることはだれでも想像に易く。
観光客も激減した日本には、やはり人材こそが資源ということになると思います。

渦中にいないことを申し訳ないと思うのなら
世界中どこにいても、自分の国を守れる人材になってください。

どんな形でも良い。

わたしは、どこででもあなたが生きていてくれればいいから。

「元気だよ」と連絡をくれればいいから。








久しぶりに「みやの教え」を更新しました
明治の人はこんなことを色々くぐり抜けていたのだな、と思い。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村
北米在住の日本人によるブログ
北米在住の日本人によるブログ
d0041050_12522538.gif
[PR]
by hana20031997 | 2011-03-19 09:22 | 震災

買いだめ、注意。

d0041050_13134572.jpg

こんなポスターを作ってネットで配布している方がいました。
シンプルでとても分かり易いので、こちらでも紹介させて頂きます。

買いだめにも確かに地域差はあるかもしれません。
私の実家のある新潟の福島寄りの街のスーパーには、
福島ナンバーの車がダダダッと止まり、
どどどっと買って帰って行く、
と母が話していました。
でもそれは、行政の配給が間に合わない所へ買って持っていってあげる善意の買いだめの様です。

それは、いたしかたないよねえ、まあ私たちは食べるものはあるから、
とさほど苦にする風でもありませんでした。
卵と納豆が全くないのにはびっくりしていましたが。

それとは違う東京も、誰に聞いても「ものが無い」
焦る気持ちは分かりますが、貨物列車も動き出しているし、
宅急便も動いているので、楽天などでの買い物もできます。
(私は、NYからネットで卵を新潟と東京に送りました)

焦っても仕方ありませんよ。
レトルト食品、とっても好きなものなら食べるかもしれないですが、
流通がちゃんとしはじめて、生鮮食料品が調理出来るようになったら
。。賞味期限切れのレトルト食品が沢山ゴミに出されそう。。。

買ったものは、ちゃんと食べましょうね。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村
北米在住の日本人によるブログ
北米在住の日本人によるブログ
d0041050_12522538.gif
[PR]
by hana20031997 | 2011-03-17 13:23 | 震災