<   2005年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ボトルの中身

d0041050_21273383.jpg
去年ロンドンへ行ったときに
買って来た
曇りガラスの
水色の瓶。

雨で
早く帰りたかった
お店のおじさんが
2つ15ポンドでどうか、
と、言って来て。

中身は空っぽ。
「何が入ってたの?」
と聞いても
「しらない」
と、
「嗅いでみれば?」
と言われたけど
まだ、嗅いだことはありません(笑
人気blogランキング
[PR]
by hana20031997 | 2005-05-29 21:49 | お買い物

し好

d0041050_0311722.jpg
変わらず、
昔から好きなのは

晴天の空の
明度と彩度の高い
青の中の青。

奇麗な水のながれる
小さいけどトーンの高い
笑う様な音。

静かな夜の
音を吸い込む
凛とした満月。

マカダミアナッツチョコレート。
深入りのコーヒー。
ベルギービール。
レーズンサンド。
鈴蘭。

最近
とても気になるもの。

大切に使い込まれた
おばあちゃんの部屋を思い出させる
古い道具。

床がギシギシなる
ダークブラウンがしみ込んだ
日本家屋。

小さな、
おままごとの道具の様な
可愛らしい中国茶器。

手ぬぐい
おにぎり
水菜
枝花
大泉洋

デザインが好きだという理由だけで、よく行っていたアンティークマーケット。
この頃、それを使っていた人の事や、状況を想像してみたりするのが楽しくて。
由緒にはこだわりはありません。
お掃除でピカピカになっているのは嬉しいけど、
ピカピカの新品に囲まれるのは何だか、落ち着かない。
傷がつかない用に大事に使うより
道具の命が全う出来るように、愛着を持って使ってあげたい。
そう思い始めたら、お化けになる寸前くらいの物がとても魅力的に見えて来て。

うちのお化け予備軍

旦那さんが小学生から使ってる鉛筆削り(娘使用)
アンティークのハンドペイントのティーセット(ヘビロテ)
バーモンシーマーケットのブルーのガラス瓶(ただ、お化けっぽい)
薫さんに作ってもらった漆塗りの赤いお椀(9年使用)
だんだん色が濃くなって来た無垢の桜の木の家具(既に傷つき)
[PR]
by hana20031997 | 2005-05-24 01:26 | 生活

お願い

d0041050_1293591.jpg
願った事が
みんな叶う訳じゃないけど
願いもしなかった事が
叶った覚えがあまりなくて。

子供の頃
奇麗な洋服を来た
女の子の絵を描くのが
大好きで
好きなだけ描けたら
いいなあ、と
思っていました。

大人になって
もう、今日は勘弁して
って
言いたくなるほど
毎日絵を描く
お仕事をする人になりました。

「8月8日の金曜日に
生まれてくれると
何かと都合がいいのよ。
出来たら
陣痛は朝方の4時頃から。
そうしてくれると
病院へ行くのも
道が空いててらくちんなの。」
お腹の子に
そうお願いしてた。

予定日は18日でしたが
8日のお昼に生まれました。
朝の4時に破水して。
其の頃から
妙に聞き分けのよかった
うちの娘。

ロンドンにいた頃
あまり良い
マッサージ屋さんがなくて
自分が出来たら
需要があるのになあ
と、思ってた。

専門的だし
学校は凄くエクスペンシブ。
そしたら
行きつけの治療院の先生が
「時間があるなら
ここで少し働きませんか?」
と言ってくれて。
整体も教えて頂けて。
ネイルを習ったら
治療院でさせてもらえて。

子供が生まれてから
あまり携わる事が
少なくなっていた
「絵」

描きたいな。
と思っていたら
又、少しずつ依頼が増えて来て。
ブランクがある分
お勉強しながら。
ねむねむになりながら。

私の好きな
パトリスジュリアンさんが
エッセー「生活はアート」の中で
「お願いは、ゆっくりだけど
          叶います」
と書かれているのを読んだとき
こんな都合のいい事を
考えているのが私だけじゃなくて
何だか嬉しかったです。

人に自慢できる様な事は
凄い事は
ほとんどないのですが

実現できた事に
「〜しかできない」
という言葉を付け足したら
ひじょうに味気なくなる私の人生。

願えば叶う、と
思える事は
幸せなのでしょうね。

感謝しないとね。
人気blogランキング
[PR]
by hana20031997 | 2005-05-22 02:18 | ふと思う

すっぱタルト

d0041050_1552584.jpg
ロンドンの
フィンチリーロードという駅の側に
ウェイトローズというスーパーがあり
其の隣に「ハビタ」という
コンランショップの
カジュアル版のお店があり
其の脇の細い道沿いに
ちょっと入った所に
小さなチーズ屋さんがあり。

そこは、チーズの他に
タルトが何種類
(チェリーや
ラズベリーや
ショコラや)
がおいてありました。

其の中の
レモンタルトが美味しくて。
美味しいスイーツを探すのが
困難なロンドンで
「美味しい」と
思えたお菓子の1つです。
もったりして、
本当に酸っぱくて。
皆で「すっぱタルト」と
呼んでいました。

思い出しただけで
口の中がジュワ〜っとなります。

味を思い出しながら
時々再現してみるのですが
なかなか「もったり感」が出ません。

今回は小さめな
プチタルトに仕立ててみました。
メレンゲが多くて
フワフワになってしましたが
それはそれで、頂けました。

ちょうどお客様があったので
お庭のハーブを添えて。
酸味がもう少し欲しかったけれど
今日のお客様には丁度良かったそうです。
もしかして、私の目指す所の酸っぱさは
(私の辛さの感覚同様)
万人受けする物ではないかもしれませんね。
う〜ん。

パテシエへの道は遠いなあ。
人気blogランキング
[PR]
by hana20031997 | 2005-05-19 02:12 | おやつ

花を飾る習慣

d0041050_113939.jpg
うちには何時も
何処かしらに花が飾ってあります。

本日は
クジャクソウにマーガレット
ラベンダーとサンダー。

白い空豆型の花器に。

無造作な草花風に
アレンジするのが好きです。

ほんの1厘でもよいのですが
それすら飾っていないと
本当に落ち着かない。

花を飾っていないときに
人が訪ねて来てくれると
申し訳ないような気がしてしまいます。

花を飾ると
部屋を片付けようかな
と言う気がしてきます。

ふとした瞬間に目に入るとき
其のときが
花を飾る事の一番の喜びかもしれません。
人気blogランキング
[PR]
by hana20031997 | 2005-05-18 00:37 | 生活

4色のグラス

d0041050_012115.jpg
デパートの中を移動中にふっと目に入った
DANSKのグラス。
薄くて軽くX型のボディーなので
とても持ちやすい。
そこの所だけに色ガラスが
2色ずつ仕込んであり
それが不思議な色合いを生んでいます。

青ベース、ピンクベース
オレンジベース、グリーンベース。

飲み物だけでなく
スポンジや
フルーツを角形に切って
クリームをかけたものを入れても
美味しそう....。

などと、半ば一目惚れ。

お値段もお手頃だったので
各色1脚ずつ買って参りました。

るんるんで、食器棚に並べて.....
と思っていたのですが

先ほどまで見ていたTV番組。
「世界がもし、100人の村だったら」
内容はユニセフが関連している
貧困の中の子供の実録。
それを横目に
お買い物ブログを描いて。
娘と同じ年代の子供が、
と思うと
騒動買いをしたことが
後ろめたくなってしまいました。

ボランティア精神が
急に芽生えた訳ではありませんが
せめて、今日買った物は
丁寧に大切に使おうと。

娘は安全な国に生まれて良かった
と、良いながら眠りにつきました。
私は安全な国で娘を生む事が出来て
本当によかったと思いました。

感謝しないといけないですね。
人気blogランキング
[PR]
by hana20031997 | 2005-05-14 23:47 | お買い物

視点が変わると

d0041050_13403636.jpg
2〜3日前、
10分ほど待ち時間があったとき。
本でも読んで待とうかと
思ったのですが 
お子さんが沢山いる所だったので
ぽけ〜〜っとながめていました。

同じように待ち時間がある
小さな男のお子さんを連れた
お母さんが目の前に。
お子さんのズボンの上から
ちらっと見える紙おむつの端っこが
何とも可愛らしくて。
おむつがとれる前の
体とアンバランスに大きなお尻が
ぷりぷり動いてる。
あっちへ行ったり
こっちへ行ったり、興味津々。
動いている割には
散らかしたり乱暴したりしないので
利発そうなお子さんだなあ、と。

おもむろにお母さん
そこに張ってあった英語の表を指差して
「そんなことより、APPLEのAはどれ?」
ちゃんと指差す息子にどんどん問題を出すお母さん。
どんどん指差す息子さん。
嬉しそうなお母さん。得意そうな息子さん。

何だか、恥ずかしくなって来た私。

何でだろ?と思っていた所に 
横にいた知人がぽそっと、一言。

「ああいう場合、印象に残るのは、
子供の利発さじゃなくてお母さんの熱心さなのよね」

あははは....。
私もやった覚えがあるものね。
多少、言葉の早かった娘に色々と。

「何歳の割に、何ができるかなんて
その年頃の子供がいる人じゃなきゃわからないのにね」

うう。耳が痛い。
知人18歳。
君が母になった時、その言葉覚えているだろうか?

5年前くらいに教えてほしかったよ。

その日、作った鯵のタタキは
何だか念入りに作ってしまいました。
どうも後ろめたいことがあると 
料理の手を抜かないようで...。

みそ味にして昆布だしを含ませたら
妙に美味しかったです。
人気blogランキング
[PR]
by hana20031997 | 2005-05-13 02:53 | ご飯

誘い水

d0041050_1337751.jpg
立ち寄った先の待合室で
手に取った雑誌。
幸せになる体質とか、
そんな感じの特集でした。
その中に林真理子さんが
書いた記事がありました。

どんなに誘い水を向けられても、
絶対にその人の悪口は言わない
という人が3人位いないと
寂しいんじゃないのかな、といったこと。
全く人の悪口を言わない、というのも、
信用がおけないのだとか。


お風呂の中で、思い起こして考えてみました。
いるかな、そういう人。
3人いるかな。

そういやあ
ここの所何となく忙しくて
悪口いってる時間も
悪口の誘い水も流れてこないなあ。

誘い水の水源みたいな人もたまにいるけど
そういう人にも最近お目にかからないし。
あ、これも悪口になるかな。

誘い水を向けられても
陰口を言いたくない人。
言いたいことがあったら
面と向かって言える人。

いたいた。
人気blogランキング
[PR]
by hana20031997 | 2005-05-11 01:46 | ふと思う

サービス業

d0041050_2413114.jpg
娘と二人で美容院へ。

ここの所なかなか時間が取れなくて
やっと来れた
嬉し楽しみ美容院。

娘は長い髪をおかっぱにするんだ、と
私はくるくるパーマをかけるんだ、と
二人とも 息巻く息巻く。

カットの終わった娘。
「アンガールズの片方に似てる」(自爆)
本当だ。
ナイスだ、娘。
ショックも受けずに
笑いが取れるかもしれないことに
喜んでいる。

私も出来上がり。
鏡の中には「京本政樹」がいた(自滅)
違う。
上の方にだけボリューム入れて
と言ったはず。
思いっきり全体に入ってる。

「次ぎ来た時、
どうにかしてあげるよ」
自分のnewビジネスの話に
夢中だった店長さん。

次があると思うな客商売。

馴染みでも、
その人が嫌いじゃなくても
お客さんが離れる時って
こういうときなのかな、と思った。

気をつけよう。

人気blogランキング
[PR]
by hana20031997 | 2005-05-07 02:38 | おしゃれ

沢山歩いた日

d0041050_13274659.jpg
沢山歩きました。

奥多摩の
9キロの山道を
3時間半
歩き続けました。

お天気もよくて
程よく空気も
乾燥してて
新緑が目に
眩しかった。

小川や
山野草や
谷間の景色なんかを
写真におさめる
つもりだったのですが

長い道のり。

立ち止まるとよけいつらい。
疲れが全身に回る回る。

先の見えている辛さは
立ち止まらずに歩き続ける方が
性に合うようで。

他のこともそうなのかな。

ふと。

終わった後に
ビールが飲みたくなるのも一緒か。
しょうもないなあ....。

ああ。
山葵を買い損ねた。

[PR]
by hana20031997 | 2005-05-05 02:22