<   2006年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

今朝の夢

d0041050_0595620.jpg

今朝 祖母が
夢の中に遊びに来てくれました。

嬉しそうに
目も 口も 頬も
まあるいカーブを描いていました。

愛子(めご)愛子よ と
おぶって あやしてくれていた時のように。
言葉をなくす ほんの数時間前に
小さな子にする様に 私の頭を撫でてくれた時のように。

柔らかく 笑いながら
あたりまえに
私の 少し斜めに。

夢が終わると
祖母のいた跡は

まあるく濡れて
私の枕の上に。
[PR]
by hana20031997 | 2006-09-30 01:39 | 色について

信玄桃

d0041050_0542188.jpg

先日、河口湖に行った時に買って来たお菓子。
「信玄桃」
信玄餅を作っている会社が作っているものです。
中は桃の果実が入った紅茶クリーム。

コロンとした形と、ピンクのグラデーションが可愛らしくて
食べるのがもったいない
見ているだけで顔がほころぶお菓子です。

パッケージも「桃らしく」

d0041050_11117.jpg


この箱には、果物らしくグリーンのビニール紐がかけられていたのですが
写真を撮ったのは娘が「プチン」とはさみを入れてしまった後でした。

6個入りの信玄桃。
可愛いなあ、可愛いなあ、と眺めていたら
とうとう一個も食べないまま
箱が空っぽ。

お味のポジションは
和菓子と洋菓子の間と言う感じだそうです。

そんなに甘い物が好きな訳ではないのですが
半分くらい食べてみたかったなあ。
[PR]
by hana20031997 | 2006-09-29 01:11 | おやつ

秋のお出かけ

d0041050_23192981.jpg

週末を利用して友人家族を誘い
河口湖の側にキャンプをしに行って来ました。
我が家、初キャンプです。

「キャンプに行こうと思うんだ」
というだけで大きな笑いを取れた家の旦那さん。
多分、TVの「THE鉄腕ダッシュ」
のダッシュ村あたりからの影響だと思うのですが
ここの所、急にアウトドアな生活に興味を持ち始めた旦那さん。

探し出した

「初心者キャンプ教室」

お教室からですか?!

で、見つけたお教室が
キャンプグランド パンチョさん。

広々として、なぁんにもなくて、
人が小枝を踏む音が響くくらい静かで
夜になると真っ暗で
久しぶりにミルキーウェイが見えるくらい星が奇麗でした。

夕飯がすむと、オーナーのパンチョさんが
ナイトハイクに誘ってくれました。
暗闇になれた目が、明かり無しでも
多少の物が見えるのを久しぶりに思いだしました。

娘が「白雪姫が森を逃げていた時って、こんな気持ちだったのかな?」
と泣言を言っていましたが
白雪姫は皆で手をつないではなかったと思うよ。

娘は、本当に楽しそうでした。
何が一番楽しかったのか訪ねると
「時間を気にしないで、何にも無い所で、まったり遊べた所。
ああ...最高だったなあ....もう一日いたかったなあ.....。」

時間に追われているもんね。
毎日、なんだかんだ。

よかったね、ゆっくり楽しめて。

で、アウトドア開眼のはずの旦那さん。
感想は?
「う〜ん。又行くとしたら、もっと朝寒くならなくて
虫もあんなリでない時かな」

道具が使ってみたかっただけだなあ....。
あはははは。
又、はいつだろ?
寒い時の方が、星は奇麗なんだけどな。

一番嫌々ついて行った私が
一番リフレシュ出来たかもしれません。

何はともあれ、発起人の旦那さんに感謝。
[PR]
by hana20031997 | 2006-09-25 00:06 | お出かけ

子供の言う「子供のとき」

d0041050_23302271.jpgd0041050_23313378.jpg
d0041050_23314514.jpg

パソコンの中に置きっぱなしになっていた写真を整理していたら
こんな写真が出て来ました。

6歳だった娘に、デジカメを貸してあげたら
ごそごそ自分の部屋で人形にポーズを付けながら、写真を撮りながら
お話を作っていたのです。
ささやくように、小さな声で台詞を呟きながら。
椅子に毛糸で人形を縛り付けてポーズを付けていたのは、ちょっと怖かったけど。

お人形ごっこも何だか進化してるなあ、と変に感心した覚えがあります。
ちょ〜〜〜と、同じ年頃のお嬢さんより遊び方がユニークだったなあ。
今もだけど。

懐かしくて、娘を呼んで「見てみてほら〜〜!!」と言うと
「ああ、これ私が子供の頃のね」(9歳娘)

じゃあ、今のあなたは何なのよ????

そもそも、このお人形さんは5歳のお誕生日に
「小公女セーラのようにお人形を大事にする可愛い娘」を夢見て
「グランパパ」で念入りに選んで買って来たドイツ人形です。
着替えのお洋服は、ちょっと高めのファンデーションが買えるくらいします。
何着か、手作りしてあげたりもしました。
赤い木で出来たベットもあります。
「momoちゃん」と言う名前も付け、出生証明書も、頂きました。

買ってあげたばかりの時には多少嬉しそうにしていましたが
その後、momoちゃんは、この撮影までずっとベットの中でした。

「momoちゃんは?」と聞くと「寝たきりなの」と言う返事が来て
私が馬鹿だった事に気がつきました....。
因みに一緒にうつっているジャージのお人形は
「ウォルドフ人形」という人形で、材料が全部天然素材で出来ている私の手作りです。
座っている椅子は私の父の手作り。

まあ、好みの押しつけはいけないんですね。
9歳の今になって、たまに髪をとかしたり着替えをしたりしています。
ドレスじゃなくて、自分が赤ちゃんだった時の産着を着せているんですが。
何か意味があるんでしょう。

娘は私の娘だけれど、別人格だと思い知ったエピソードの一つです。
[PR]
by hana20031997 | 2006-09-22 00:01 |

キラキラ付けまして

d0041050_22414068.jpg

前の絵に、ラメとスワロフスキーを付けてみました。
キラキラです。

先日のブログに書き込んで下さった方の所をぽちっと押してみたら
偶然、私が良く行くカフェに行ったと言うブログ記事が!
あんまり、目立つ所に無いので「わああ」と、びっくりしました。

今日もちょっとお茶をしに。

Gカフェという、ウッディーで可愛らしいカフェ。
色んなデザイナーさんが出入りしているので
所々可愛らしいオブジェやイラストが展示してあります。
繁盛して欲しい様な
秘密にしておきたいような、ほっとする場所です。

オーナーの愛犬ジャイがいつも「まったり」しています。
食いしん坊で、どことなく「ぶてぶて」感が漂うシャレたワンコです。
d0041050_2374388.jpg

ジャイは食いしん坊で。
私は犬を飼った事が無いので良く分かりませんが
人間と同じ物は極力食べさせない方が良いんだそうで。
カフェのお客さんの食べている物を、うらめ....いや、羨ましそうに見ているんですが
よだれ何か垂らしながら。
そのよだれが涙に見えそうなくらい、うらめ.....いや羨ましそう。
このカフェ、頼まれるとワンチャン用のデコレーションケーキも作ってくれるんです。
可愛くて!上のオレンジ色の物は人参です。
d0041050_23183194.jpg


ちょこっとした所にもちょこっとした気配りが。
そんな物を見るとゆったりした気分になる。

ケーキを依頼主が持って行く後ろ姿を見るジャイは
もんの凄く、うらめしそうだったけれど。
[PR]
by hana20031997 | 2006-09-15 23:27 | お仕事

ちゃんと絵日記

d0041050_1231547.jpg

このブログを付けるきっかけになったのは
仕事で、イラストレーターを使わなくてはいけなくなり
その練習も兼ねて絵日記でも付けようかな、という事でした。

仕事で描く絵の量が増えるに連れ
ライセンスやら版権やらが関わってくるので
ここにアップする事が出来ず
ついつい写真で失礼していたのです。

仕事が一段落して、自分で描きたいものでも描こうかな
と、思って見たら、何だか筆がすすまなくて。
「描きたい」と思える物がなかなか見つからなくて。

そうこうしている間に、何件か
「仕事あるから、どんな絵を描くか見せて」
と言われて。

あらあら、資料を作っておかなくちゃね
少しは新しい絵も加えておかなくちゃね
と、は思っていても
な〜〜に描こう....。




昨日、友人に会って来ました。
彼女はもお、とびきりの美人です。
鈴を転がした様なきれいな声で、面白い話を沢山してくれます。
ネットで色々出ていたりするので、ご存知の方も多いかもしれませんね。
お茶目で優しくバイタリティー溢れた
私の大事な癒しの姫です。
彼女も忙しい人ですし、私も仕事があるので
都合が合う月に1〜2度食事しながら、他愛の無いお話をして
たらたらと歩いたり、ほげ〜〜〜としたり。
変な物探してお買い物したり。
彼女の最近のブームは「へえ、こんな所で?」というような
所謂「おばさん」向けのお店で(こう....ごちゃごちゃ〜〜っとした所)
あら、これ使えるんじゃない?と言う物を見つける事だそうです。
そんなお店を探索しながら、きゃははは、きゃはははは、笑いながら
楽しい時間を過ごしたら、
ああ、又この人を描いてみようかな、と言う気になってきました。

又、と言うのは昔、あ〜〜〜ンまり奇麗なので
お顔のアップを描かせてもらった事があるのです。

今回はお顔より、たたずまいを描いてみたくなりました。
この人は、立っている姿が素敵かな、と。

ドレスパーティーを企画している人なので、それにあわせて。
この絵を加工して、キラキラにします。
出来上がりましたら、又アップします。
[PR]
by hana20031997 | 2006-09-14 13:24 | お仕事

momoさんのこと。模様替えのこと。

「アンティーク.雑貨.アート....大好き」
d0041050_227195.jpg


書家でアーティストで、アンティークのバイヤーもされている
アメリカ在住のmomoさんのブログです。
買い付けて来たアンティークの紹介や、インテリヤの事などを紹介していて。
素敵な写真と優しい文章が大好きで、毎日覗きに行っています。
そこで紹介された物は、カタログにのせられて購入する事が出来ます。
はじめは、ファイヤーキングのジェダイのマグカップから
少しづつmomo さんのセンスで選んでらした物を購入させて頂いています。
商品が届くのも楽しみなのですが
momoさんに「送ってもらう」事も楽しみの一つ。
一つ一つ「大事に使ってね」と言う気持ちが込められている様な
心のこもったラッピングで。
例えば、白いハトロン紙でも
アンティークのキーで模様をペタペタ付けてあったり。
リボン代わりに糸でくるくる巻いてあった荷物には
可愛い古いピンクのボタンが通してありました。
古いフランス語の本を切り抜いた物でコラージュされた
シンプルな手作りのカードには、
丁寧でとてもきれいな字の、女性らしいメッセージが添えられています。
まるでプレゼントの様な商品の小包み。

d0041050_2262947.jpg

娘がいる事を考慮して下さっているのか
貼って下さる切手も可愛らしくて。
あんまり可愛いので、水に付けて奇麗に剥がして大切にとってあります。
時間がある時にコラージュでもしようかな、と思っています。
箱に貼って、ラッカーで固めても可愛いですね。

d0041050_233228.jpg


今回は「BOSTON」の鉛筆削りを購入しました。
これは台に固定して使う物なので
それに見合う台を探す夜のネットオークションの旅に出ました(笑
本当は自分の足で探したかったのですが、中々出歩く機会が無くて。
d0041050_2361931.jpg


京都の古道具屋さんが出していたお針箱を落としました。
引き出し式で、箱形。丁度いい大きさです。
何よりも、鉛筆削りと同じくらいの年頃に見えるので偉文化交流もいいかな、と。
上半分はパカっと空くのですが、
後は閉まったままなので固定するのには丁度いい感じです。

本日、無事に届いたので早速取り付けてみました。
以前に購入した「伝票刺し」も一緒に。
d0041050_2404389.jpg


小さな引き出しが、絵を描く時の道具や
パソコン周りの細々したUSBメモリーなどをしまうのに丁度良かったので
仕事周りがすっきりしました。
どうせなら、と模様替えがはじまっています。
と、言ってもいらない物を処分するのがほとんどですが。

色んな物が出て来ました。
「作る」物の材料ばかり。

お片付けのきっかけになった鉛筆削りに感謝。
[PR]
by hana20031997 | 2006-09-09 02:49 | 生活

たらこキューピーの歌「たらこ.たらこ.たらこ」

d0041050_3314899.jpg

9月6日に発売された「たらこ.たらこ.たらこ」
オリコン初登場3位だそうです。
初回限定版の予約がはじまったのが....たしか....6月末くらいだったか。
7月の半ばにはもう予約完売だったんじゃなかったかな。
私はツタヤに7月頭に予約して昨日届きました。
娘に「好きだねえ.....」と呆れられ
娘の友達が何人も私に
「たらこのCDが出るんだって、知ってる!?」
と電話やメールで知らせてくれて。
その度に、にんまり笑いながら
「ふふふ、既に予約済みさっ」とお返事して差し上げて。
楽しみにして、楽しみにして
忘れた頃にやって来たCD入りおまけ付きボックス。
呆れていたはずの娘が何度も何度も喜んで聞いてます。
子供が歌っているから真似して歌いやすいかな。
フルコーラスで聞くと結構楽しい歌です。
でも、
「開けてなかったら、初回版で高く売れたかもよ」
と娘に諭され....。
そんなつもりで買ったんじゃないから、いいんだも〜〜ん。

たらこキューピーも、メジャーになって来ましたが
たらこのストラップ付けてるお母さんは娘の学校では私だけの様です。
キューピー好き、だと思われているうちに
ご当地キューピーを頂く事が多くなったのですが
お姑さんが日光のキティーちゃんを買って来てくれました。
「好きなんでしょ」って。
うううむ。
[PR]
by hana20031997 | 2006-09-08 03:48 | お買い物

フランスから来たハニーポット入りチビクマ

私の住んでいる町は
都心にほど近いせいか 近すぎるせいか
最寄りの駅の側に「お店」らしい「お店」が余ありません。
食品にしても、なんにしても。

そんな中で、「なぜ、こんな所に!」という感じの
可愛らしい雑貨屋さんがあります。
「UP THE HILL」という
オーストリア人のおばさんが一人でやっているお店です。
BGMはなく、しーんとした店内にただおばさんが
じーーーーーーーーっと立っているのです。
30平米もあるかないかのお店の中に
色々な物がおいてあるので
その中から色々探し出すのが楽しくて。
おばあちゃんの家の物置を物色している様な
不思議な感覚です。
デットストックのキャニスターや
レース編みのコースター。
ヨーロッパの小さな陶器で出来たティーセット。
おままごと用かな。
手に取ると、ささやくようにおばさんが一つ一つ説明してくれます。
ほんの小さなキートルダーでも、
どこから来て、どんなもので、どんな由来で、と
丁寧に教えてくれます。
おばさんのいるカウンターの前にはドールハウス用のミニチュアが
ガラスのケースに大事そうに並べられています。

店のあちこちに
「触りたい時には、店員に声をかけて下さい」
とメモが置いてあるのですが
お店においてある物への思い入れが感じられて背筋がしゃんとします。

今回は友達の子供の誕生日プレゼントを探しに。
おばさんの前にあるミニチュアを小さなケースに入れてあげようかな、と。
小さくても、ずっと大切にしてもらえる物の方が良い様な気がして。
色々悩んで、ガラスの小さな天使の3人兄弟のお人形と
お盆に乗ったブルーの陶器のティーセットを選びました。

そこで見つけた編みぐるみ。
縫糸か何かを待ち針で編むそうです。
d0041050_2582455.jpg

ピンクやブルーのワンピースを着たクマちゃんや
セーターを着たネズミや赤ちゃんのプレゼントセットなんかが
小さく小さく編み上げられていました。
このハニーポットも手作り。
これを作る人は、フランスに一人、イギリスに一人...位しかいないとか。
あんまり可愛いので、自分にハニーポットのクマちゃんを買ってしまいました。
(お安くないので、一つだけ....)
少しずつ、そろえて小さなお部屋を作りたいなあ、というと
おばさんが少し微笑んでくれました。

このお店は、時間のあるときにゆっくり行きます。
私は、嬉しいのと気分がいいのが混じった様な気分がするとき
耳の下がじわぁ〜っとするんですが
ここに来るとなんだか、じわぁ〜っとするので。

又時間が出来たら
チビクマを眺めに行くとします。
[PR]
by hana20031997 | 2006-09-06 03:09 | お買い物