<   2012年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

Charlotteは花盛り

今年、アメリカの東側は、暖冬でした。
そのままの勢いで、3月は暑いくらいの春になりました。

このごろは、最高気温が30℃くらいになる事も珍しくありません。

もう子供たちは、夕方水着を着て、ビニールプールで遊んでいます。

なんと短いシャーロットの春。
既に夏です。

これは普通ではないようです。

d0041050_11215423.jpg


街路樹が、花をたわわに付けています。
ついこの前迄は、梨の花。
それが終わって、今は桜の花がそろそろ散り始め。

d0041050_11233089.jpg


アメリカの街路樹は、花の咲かない木はないのでは、と思う程
季節に合わせて、所々で花を見せてくれます。

木の枝を、伸びるように伸ばすのがアメリカ流な様なので
どの木も、おおらかに枝を伸ばし、
満開、というより、豊作、と言いたくなる程の花が
びっしりと枝の上に咲き誇っています。

私は、この花の季節が一番好きでした。

d0041050_11264562.jpg


NYはGW明けころが一番花の盛りだったので、4月の帰国が決まった時には
花は諦めていたのですが
暖冬のお陰で、今まさに真っ盛り。

そして、これがあの、

『全米でもトップ5に入る程の花粉アレルギーのメッカ』と言われる所以なのか、と思える程の


黄色い吹きだまり。

d0041050_11292863.jpg


小学生の親御さんは、昨日今日で「早引け」のお電話をもらっている人が多く。

『目が開けられない程晴れている』
『咳が止まらない』
『熱がある』

症状は様々ですが、とにかく皆揃ってアレルギーだと言われていました。

かくいう私も、花を愛でたいのは山々。
しかし、咳が止まらず、喉の奥が痛痒く。

暖かすぎるのでしょうね。

きっと、果物も沢山実る事でしょう。
[PR]
by hana20031997 | 2012-03-24 11:32 | Charlotte

Dora Lee Brown

先日、辞令が出たので
4月に入ったら東京に戻ることになりました。
家族揃って5年ぶりに本帰国です。

ドラ.リーは、シャーロットに来て出会ってお友達になった初めてのアメリカ人です。
今年79歳になる風には全く見えない、元気で行動力抜群。

結婚して直ぐに,旦那さんと1年数ヶ月日本で過ごした事から
ご夫婦で親日家。
日本のものが大好きなのだそうです。

何年か前に一戸建てから今のコンドミニアムに引っ越して来たとかで
帰国する、と話したら是非うちにきて、一緒にランチをしましょう。
それから、日本のアペタイザーの作り方を教えて欲しいの。
と、いう事で、今日お邪魔して来ました。
d0041050_11192288.jpg


高級ホテルの様な落ち着いた素敵な建物でした。

センスよく飾られた家の中は、無駄なものがまったくなく、引き出しの中ですら
不意に人に明けられても平気なくらい,オーガナイズされていました。
d0041050_11211757.jpg




それでいて、暖かみのある,人柄の出たお家の中。
まるで、小さなミュージアムの様でした。

お嬢さんが高校生の時に書いた絵を綺麗に額に入れて飾ってあるのは、
まるで,どこかのアーテイストの作品の様でした。
お嬢さんの旦那さんは画家。

昔住んでいた家の写真から絵を描いてくれたと,懐かしい、かつて住んだお家は
絵の中に治められていました。

子供用の着物をほどいて、バスルームのカーテンに。

d0041050_11203289.jpg


リビングのコーヒーテーブルは、埼玉の古道具屋で見つけた四角いちゃぶ台。
「1インチもほこりが積もっていたのを取り払ったら、とっても美しい木が現れたのよ!」
橅の木と思われるちゃぶ台は、子供たちがそこでゲームをしたり、絵を書いたり
よく使ったのよ,と。

お昼には、キッシュを焼いていてくれました。
「今日は,これの他に8ホール焼いて、近所の人に配ったのよ」
と。元気です。
モツァレラチーズと、玉ねぎと,ほうれんそうのキッシュ。
グリーンサラダは、ナッツとグレープをトッピングして。
デザートは、クランベリーがベースのナッツとパイナップルが入ったムースでした。

d0041050_11252815.jpg


私は、五目の酢飯を用意して、手まり寿司とちらし寿司を作って来ました。
あとは、牛肉のタタキを。
今日のお夕飯にしてくれるそうです。

又戻っておいでね,と言いながら
手作りのカードをプレゼントしてくれました。
無地の色んな色のカードに、千代紙を着物の形にきって貼ったものでした。
10枚くらいあったでしょうか。
一つ一つ、
「これは、家族の着物。お父さん、お母さん,子供の着物よ」

「これは若いお嬢さんの着物」
楽しみながら作ったのが,伝わって来ます。

ホントに色んな所を見せてくれました。

台所の一つの引き出しには、卵が一杯。
それも中身を抜いてあるものです。
お孫さんが来た時に一緒に塗ったり、貼ったりして遊ぶのだと言っていました。

一つ一つに思い出があるように
優しくゆっくり話してくれました。

家の中のもので、その人の人生が流れるように分かるなんて、素敵な事です。

温かな春の空気と、春のカナリア
それと、ドラの声が、まるで子守唄のようで、いい気分でトロトロしてしまいました。


頂いたカードは、大事に大事にとっておこうと思います。

コンドミニアムの前に植えてあったパンジーの色も又素敵で。

d0041050_11351192.jpg

[PR]
by hana20031997 | 2012-03-14 11:36 | Charlotte