Anthropologie も、すっかりクリスマス

d0041050_23321860.jpg

アンソロポロジーは日本でもかなり知名度が上がって来ているので
ご存知の方も多いかと思いますが
アメリカで人気のあるセレクトショップです。
チェーン展開をしているので、NYだけではなく大きな町でしたら大抵どこにでもあります。
暖かみのある品揃えで、年齢関係なく、いつもお店には沢山人が入っています。

私は、キャンドルを買いに行く事が多いです。

それと楽しみなのは、お店の内装。
アート感タップリ。
ハンドメイドなオブジェは参考にしたくなるもが多く、
今回は、丸い発泡スチロールにクリアの使い捨てスプーンを突き刺して作ったミラーボール(?)
や、プッシュピンを刺して作ったボールがキラキラでびっくり。

使い捨てのコップで作られた椅子が試着室にあり、
それも何となくパーティーシーズンの雰囲気を作っていました。

d0041050_23412657.jpg


赤いフェルトをクルクル巻いてそれを貼付けたリースは、
唐辛子をイメージしているのか、その下にはメキシコのお人形が置かれていました。
d0041050_2342016.jpg

ぽかぽかしたオブジェです。

お店の中は、紫、緑、白、赤、シルバー、ゴールド、と色分けされたディズプレーがされ
各々イメージは異なるのですが、全体は調和がされており
居心地の良い空間になっています。

日本にも、お店が出来るといいなあ。
[PR]
# by hana20031997 | 2011-11-17 23:46 | お出かけ

電柱の上にあったもの。

d0041050_11195775.jpg

先日開かれていたアンティークショーでも売られていたこのガラスのころんとしたもの。
なんだろう?と思いつつ、形とガラスの色合いが気に入って、
どうしようかな、買おうかな、と悩んでおりました。
窓辺に並べたら、きれいだろうなあ、と。

誘って頂き、車で20分くらいの所にあるアンティークショップを覗きに行って来ました。
ブリキのバケツに気になるガラス君が、ゴロゴロと積まれており
一個8ドル。
お店の人に「これは元々なんだったのですか?」と聞くと

「Telephone insulatorsよ」と。
電話用の電信柱についていたものだそうで、普通はクリアなのですが
色々な色があるので、それをコレクトしている人もいるのだとか。

家に帰って調べてみると、
こんな風に使われていた、と写真がありました。
d0041050_11264030.jpg


詳しい説明もありました。

Telephone insulators(絶縁体)は木製の電話線電柱の電信電話線を保存するためにもとは作られました。雨の時は特に重要な役割を果たしました。
田舎の電化急増で、1年当たり何百万と生産され、1920年代から1940年代まで(20世紀前半)にとても沢山つくられました。

形および色(例えば琥珀、コバルトブルー、緑、紫)の綺麗な物からは、グラスまたは磁器から作られており、色の綺麗な物は貴重なものとしてコレクションされています。

収集者はメーカー(例えばHemingray)、やCD番号によって絶縁体を識別します。
それぞれ形が違います。


とのこと。

ご興味があるかたは、
Telephone insulatorsで検索すると、
色いろな写真が出て来ますよ。

お店には、クリアとグリーンしかありませんでしたが、
そういえば、ショーの時は、赤やオレンジもありました。
コレクターになるつもりはないので、気に入った色の物だけ、日の光に当てて楽しもうと思います。
[PR]
# by hana20031997 | 2011-11-16 11:36 | アンティーク

Atlantaに行って来ました。

今住んでいるCharlotteから、
昔オリンピックが開かれたGAのAtlantaは車で3時間半から4時間。
こちらより、都会であったり、領事館があったり、便利であったりする為
日帰りや、1泊で行くかたが多い土地です。

G
d0041050_11313372.jpg

GA(ジョージア州)のシンボルは桃の様です。
高速を走っていると、急にこんな大きなお尻の様な桃がどーんと現れます。
とても大きな桃太郎が生まれそうです。

d0041050_11331744.jpg

まず、『Stone Mountain Park』という大きな岩がある公園へ。
この岩には、南部戦争で活躍した人が掘ってあり、ロープウェイで登ることができます。
往復のチケットを買っても良いし、片道で買って帰りは歩くもよし。
d0041050_11353159.jpg

岩上から見た森は、オークや樫の木が紅葉しており
何だかロードオブザリングの気分です。
d0041050_11365233.jpg

帰りのロープウェイで岸壁の写真を撮ったのですが
窓が汚れていて、あまりちゃんと撮れず。

d0041050_11384366.jpg



Atlantaで有名なのは、オリンピック公園とCNN。
CNNは見学が出来ます。
渋谷でNHKの見学をしたのを思い出しました。
ツアーになっていて、全部廻ると40分くらいです。
『お気に入りのキャスターに会えるかもしれませんよ!』と案内されましたが
ごめんなさい、知っているキャスターが殆どいない。。。

CNNには建物続きで、OMUNI HOTELと言うホテルがあり、
移動に便利なので、そちらに1泊しました。
窓からの夜景も見応えがありました。
写真は撮り損なってしまいましたが、目の前のオリンピック公園に、
電飾されたカボチャの馬車が観光用で沢山走っていて。
d0041050_11431298.jpg

これは、泊まったホテルから見えた夕暮れの風景です。

d0041050_121275.jpg

CNNから歩いて5分くらいの所に、Coca Colaのテーマパークがあります。
大人一人15ドルの入場料。


コマーシャルで使われたキャラクターを使用した3Dのアニメを見せてもらい、
展示物を見て廻り。
歴代のボトル、宣伝の看板、パッケージ。ポスター。
アート好きな人にはたまらない展示です。

各国のコカコーラ製品を試飲出来るコーナーを楽しんだり。

d0041050_125549.jpg

個人的には、フランスのピーチウォーターとモザンビークのジンジャーエールが美味しかったです。

試飲は全部で65種類あり、帰りには、お土産でコーラを1本ずつ貰えます。


お土産のコーナーも、ワクワクで楽しい。
d0041050_1252946.jpg

キャーキャー楽しんでしまいました。
娘も、珍しくやや興奮気味で、
いつもはあまり興味を示さないお買い物も欲しいものがいくつかあったようです。

d0041050_12112555.jpg


オリンピック記念公園の枯れ葉をザクザク踏みながら、帰路につきました。
[PR]
# by hana20031997 | 2011-11-14 12:12 | お出かけ

経験がくれる声

d0041050_10591343.jpg


例えば、料理の最後の味付けに思いついていれるもの。

それから、何となく気になってする電話。

かけるのを思いとどまる一言。

出した方がいい手紙。

あまり深く考えず、ふっと思いついたことは
欲求とは違う自分の声で
それが優しいとは限らず
押し流したくなる時もあるのですが。

自分を信じると、決断がシンプルになる
と、お弁当を作りながら思ったので
忘れないうちに書いておきました。
[PR]
# by hana20031997 | 2011-11-09 11:12 | ふと思う

大事な思い出

d0041050_116786.jpg

昨日、私がアンテークショーに出掛けている間に
いつもの仲良しご近所二人組ガールズが
お手紙を置いて行ってくれました。

7歳の女の子。
お手紙を書くのが好きな年頃かも知れませんね。
こうやって、時折二人の連名の手紙を持って来ることがあります。
書いているのは、どうもAvaらしく、それをGraceが配達している、と言う所。

微妙な文法の間違いも子供らしくて可愛らしい。

今日は、お返事を書いて渡してみました。
彼女達が好きそうなシールを沢山貼って、各々に。

何故か、この二人、私を見ると
『だっこしてくれ』とせがむのです。
赤ちゃんみたいに、よしよししながらウロウロすると、何故か喜ぶ。
こと、Graceは私が下ろすまで降りようとしない。

実家の父が、校長をしていた時に、毎朝校門で1年生を持ち上げながら
「おはよう!」を言い、その子の様子を伺っていたのを思い出しました。

直ぐに降りて、教室に行きたがる子は問題がないのだそうです。
何か、引っかかりがある子は、飛びついて来たり、いつまでも降りようとしなかったり。

ふと、今日もGraceを持ち上げながら少し引っかかって。

私のたくましさに、つい、と言うだけならいいのですが。
いや、たぶん、そうでしょう。
[PR]
# by hana20031997 | 2011-11-07 11:20 | Charlotte

Anteique Shows 番外編

d0041050_12433145.jpg


初日に行ってきたアンティークショー。
「週末は、品揃え変えるとお店の人がいっていたので、また行くけど、一緒にいかが?」と
誘って頂いたので、また行って来てしまいました。

d0041050_12421449.jpg


朝10時で気温は6度くらい。
寒い日でしたが、お日様は出ていたのでそんなに辛くもなく。
空気が澄んでいるので、写真日和でした。

d0041050_124721100.jpg


スキな人には、溜まらない品揃えです。
お日様とガラスが生えます。

d0041050_12525053.jpg


このブリキのブタさん達は、3日前とお仲間の数が変わっていない様な。。。。

d0041050_1254469.jpg


古道具、大好き。

d0041050_12551920.jpg


綺麗に揃えてあると、圧巻です。

こんな、絵のように綺麗なわんちゃんは初めて見ました。
お店番をする、賢い彼女です。
首を傾げるポーズがお得意だそうです。

d0041050_12562971.jpg


このショーは明日まで開かれています。
[PR]
# by hana20031997 | 2011-11-06 12:58 | charlotte探検隊

『International Collectibles and Antique Shows』in Charlotte

ほぼ、毎月行われているアンティークショーは、全米でもかなり規模の大きなもので
その中でも半期に1度開かれるInternational Collectibles and Antique Showsは
全米各地からディーラが集まると聞き、楽しみにしていました。
d0041050_1341226.jpg

秋と、春に開かれるこのショー。
今年の秋は、今日11月2日から6日まで。
初日に行って参りました。

週末は込み合うようですが、平日の午前中はゆるゆるとした物で
ゆっくり、のんびり見ることができました。

d0041050_1342433.jpg


パイレックスやファイヤーキングのようなポピュラーで人気がある物から、
古い家の物置にしまい込んであった様な物まで様々。

NYではお目にかかる事のなかった、アンティークの銃も。
南部ならではなのでしょうか。
銃は売っていい州と駄目な州があるので。
d0041050_13425391.jpg


大きな古い聖書。
かなり傷んでいたのですが、魔法の本のようで
ちょっと手に取って見ると
中に、結構な大きさのお花や植物が紙にはさんで押し花にされていました。
重そうだなので、そういう使い方もあるのね。
あのお花は、どのくらい前の物なのか、お店の人に聞いて見ましたが「分からないなあ」と。
d0041050_1346755.jpg


初日の為か品揃えは確かに豊富でした。
衝動買いをしない用に、気をつけつつ、気に入った物をいくつか購入して来ました。



機会がある方は、是非足を運んでみてください。

撮影した写真をフォトアルバムに上げました。
よかったら。
アルバム
HPInternational Collectibles and Antique Shows
All Shows Held at
Metrolina Tradeshow Expo
7100 Statesville Road
Charlotte, NC 28269

from 11/2/2011~11/6/
Hours:
Wed - Sat: 9am - 5pm;
Sunday: 10am - 4pm
[PR]
# by hana20031997 | 2011-11-03 13:55 | charlotte探検隊

Charlotteではじめてcomplainする。

d0041050_10404979.jpg


昨日、娘と一緒にハロウィンの仮装用の衣装を買いに行きました。
コチラの学校は4学期に分かれていて、昨日は「Teacher's day」やらで。
通信簿でも付ける日なのでしょうか。お休みでした。
d0041050_10401038.jpg

Party cityというチェーン展開している、イベントのコチュームを売っているお店にいきました。
学校が休みなだけあって、平日の割に混んでいました。

私は赤い毛に角がついたウィッグを。
娘は、日本できても大丈夫そうな店の中で一番地味ではないかと思われる
魔女の衣装選びました。
サイズだけ見て、余の店内の混みように、試着しなかった私達も行けないのですが。。。。

袋を空けてみたら、
どう見ても、構造上着る事が無理なワンピースが入っていました
タイトな身頃に、セミフレアのスカートがついているワンピースなのですが
ファスナーが上半身にしかついておらず、そこから先は、どうしたらいいんじゃい?状態で。

サイズ云々ではなく、これはもう、無理。
返しに行きました。

「これは切る事の出来ない服なので、他のものと交換して下さい」(私
「ファイナルなので、無理です。例外は、認められません」(店
「気に入らないとか、サイズの問題ではなく、これは、きることが出来ない物なので、
引き取ることは出来ない」(私
「。。。。。」(店
「じゃあ、これはどうすればいいの?」(私
「。。。。。」(店 ぶすーーーっとしたお姉さん。

「I'm complain about this! Can you here me!?」

取り替え当たり前のアメリカでも、シーズン物は多めに見ろとでもいいうのでしょうか。

久しぶりに、抗議文を口頭で伝えてみました。
イギリスに住んでいた頃は頻繁に使わなくては行けなかった言葉でしたが
ここにきては、初めてです。
暗記して、挑んでいた15年前の言葉がすらすら出て来たのにはびっくりしました。
暗記、万歳です。

でも、いかんせん、今日はハロウィン直線の土曜日。
コンプレイン中の私の後ろには人が並びはじめ。

待たせるほどの怒りを持ち合わせていなかった為に、
結局引き下がってしまいました。

自分で、横にもう一つファスナーを付けます。
もお。
もおおおおおお。
d0041050_111832.jpg


色んな形のかぼちゃが売っています。
これが食べられるかどうかは、不明です。
でも、見ているだけで、話題になります。

楽しむ為のイベントなので、今日のプンプンも
ネタにして楽しむ事とします。
[PR]
# by hana20031997 | 2011-10-30 11:02 | Charlotte

週末の朝ご飯

d0041050_10211551.jpg

平日は、朝ご飯を食べる時間も早く、もう少しお腹持ちのいい物をつくるのですが
週末は、寝坊もするし、ゆっくり時間をかけて食べられるので
「粉もの」のメニューが多く登場します。
今朝は、クレープ。
中に、ホイップクリームとバナナが入っています。
チョコレートと、ベリーを添えて、アーモンドをパラパラ。

d0041050_10261561.jpg


昨日は、フレンチトースト。
メイプルシロップと粉砂糖。
ベリーを散らして。

ゆっくり朝ご飯を家族で食べられるのも
貴重な時間になりそうなので、
出来るだけ、二人が好きなものを作ろうと思っています。
週末の朝だけは、栄養のバランスや、カロリーは気にせず。
リクエストがあった物を。

因に、私は甘い物が苦手なので、
昨日は、ご飯に塩辛。
今日は、沖縄ソバを、甘い二人を横目に頂いておりました。

「出来ない事を考えるより、今出来る事をしましょう」
この、9月26日にガンで亡くなられた、ノーブル平和賞受賞者
ケニアのワンガリ・マータイさんの追悼の映像の中で彼女がスピーチしていた言葉。
丁度、今年の私の誕生日に聞き。
何度も聞いたことがある様な言葉なのに、初めて聞いた気がしました。

自分に聞く準備ができていないと、どんな言葉も響いて来ず
新鮮に感じ、すっと自分の中に入って来る言葉と言うのは
今の自分に必要なものなのでしょう。

忙しくなって、バラバラに休日の朝ご飯を食べる日も来るのか、と寂しくなるより
今朝美味しく食べる為に、と
フライパンを磨きました。

新しい年齢の座右の銘になりました。
「出来ない事を考えるより、今出来る事をしましょう」
[PR]
# by hana20031997 | 2011-10-24 10:44 | ご飯

村祭りの様な、週末のガレージセール

d0041050_21371243.jpg

1ヶ月程前、ポストに入っていたお知らせ。
「10月15日に、この通りでガレージセールをします。参加者募集中」

ご近所さんに聞いた所、年に2回程みんな揃って、
自分の家のドライブウェイで思い思いの物を売るのだそうで。
強制ではなく、やれる人が、というものらしいですが
折角なので、参加表明してみました。

引っ越したばかりで、売る物もあるような、ないような。
古いゴルフセットや、買ったきり使っていないキャンプセット。
お客さん用のエアベット。
(これは、絨毯がふかふかなので、その上に布団を敷けば充分で、余使う事がなかったのです)
余分な電気スタンド。
娘には幼くなったクリスマスグッズ。
引き出物のデミタスカップのセット。
半端なお皿。
家の中をグルグルすると、何だか結構ある物です。

7時から始めた時は、「売れなさそうだね。。。まあ、イベントだからね」
と言っていたのですが
段々、「娘が来るから、欲しかったのよ」とベットを買って行く人。
子供がキャンプに行くから、欲しかったんだ、とテントも売れ。
しまいには、諦めていたゴルフクラブが
「これから始めるから、2つとも貰って行く」とネイティブアメリカンのご夫婦が。
「欲しい人がいるものだね」と、売り買いの際の会話も又楽しく。

それでも、余ぱっとしなそうなので、クッキーを焼くことにしました。
最初は、お寿司でも、と思ったのですが、
お天気予報で、とても暖かくなるとのことだったので、お腹を壊しても何ですし。

d0041050_214592.jpg

チョコサンドにココナツマカロン、バタースカッチ、ミニフィナンシェ、シガーロール。
これは、5個で1ドル。
d0041050_21465929.jpg

ハロウィンのクッキーは、ジャコランタンに、猫、お化け、蜘蛛、後は、お墓。
子供たち、これに目が釘付け。
いつもは、挨拶程度のやんちゃな男の子たちが、
私の周りをうろうろ、うろうろ。
ママがどうした、お姉ちゃんがどうした、それでねそれでね、、、、
ちらちら、とクッキーを見ながら離れない、離れない。。。
「一個食べる?」と言われると、まあ嬉しそうで。
可愛いですね。座り込んでモシャモシャ。

交流目的で作ったので、売り上げは期待していなかったのですが
こんな光景が貰えれば、もう十分。

人なつこいお隣のAba。
ウロウロしているうちに、うちのクッキー売りの人になってしまいました。
大きな声を張り上げて
「hanaが作ったクッキー!!スペシャルなクッキー!!フォー・ユー!!!」
7歳の女の子がこんな風に売り子をしていたら
何も買う気もなくウロウロしていた人でも
「一個ちょうだい」と寄って行くので、余ったら配ればいいや、と思っていたクッキーが
ちょっと摘む分くらいしか残りませんでした。

「ねえ、Aba、あなた、自分の家のほうはいいの?」と聞いても聞こえないふり。
古着を売るより、クッキー売ってる方が、それは楽しいかもね。。。
お金を数えたり、接客したり
そのうち、仲良しのGraseもやって来て、可愛い店員さんが増えて。
お客がいない時は、お互いがお客のふりをして、完全にお店屋さんごごっこ。

だんだん、自分たちもお腹が空いて来て、
Abeは蓋を開けてクッキーをつまみ出し。
大人しい優等生のGraseは促されるまで食べなかったけれど、
「いいよ」というと、控えめにどれに使用か一生懸命選び。

子供らしい、飽きっぽさも、又可愛くて。
小さい子が、真面目に働いている様子も、又好ましく。

正反対の性格のこの二人、生まれた時からの親友だそうです。
人目を引き、華やかに宣伝するAba。
何枚でいくら、おつりはいくら、と言うのを暗算する時に、目がキラキラするGrase。

娘の小さい時の友達とのやり取りを思い出しながら。
まあ、ホントに秋晴れの楽しいガレージセールでした。

d0041050_2262220.jpg

[PR]
# by hana20031997 | 2011-10-17 22:10 | Charlotte